FC2ブログ

写真家になりたい!カメラマン♪


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PHOTO45『草履』

zouri

日光東照宮にて・・・
なんかこういうとこの人って、ちゃんと草履の向きを直して部屋に上がるのかと思ってたけど
そうでもないのねぇ・・・
一番手前なんて、乗り上げかけてない???

ちょっと意外でした。
スポンサーサイト

PHOTO44『虹色』

nijiiro

PHOTO43で紹介したサンキャッチャーに
太陽が当たって映し出されるのが、この虹色
これが部屋中に広がった時の幸せ感。。。

みんなに味わってほしいなぁ・・・

ちなみにうちは部屋の構造から、冬にしか見れません・・・(T T)

PHOTO43『サンキャッチャー』

sun catcher

小樽運河の近くに光がなる木がある。
天気が良ければ、キラキラと道や人にプリズムの光を広げる。

キラキラというより、虹がいっぱいという感じ。
サンキャッチャー」は太陽の光をいーぱい受けて
みんなに元気のエネルギーを与えてるよう。

私の部屋の窓にも吊ってあって、冬の午後にはちょうど太陽の角度がいいみたいで
部屋中が七色になる。
もう、幸せったらない。。。♪

ちょっと落ち込んでる友達にプレゼントしたけど
太陽の元気、もらえたかな・・・


PHOTO42『plum-blossomes』

plum-blossoms

ふと、(梅の花)って英語でなんて言うんだろう。。。
と、辞書で見てみたら plum-blossoms
(梅の実)だと japanese apricot

プラムとかアプリコット純和風の梅に代用されるんだぁ。
へぇ・・・・

かわいいぞ。。。




PHOTO41『梅の蕾』

umenotubomi

最近、とってもピンクが好き
前はどっちかというとダークな色が好きだったのに
今はとーってもピンクに惹かれる。

スマホiPod、ICレコーダー、USBメモリー、靴下、毛布、クッション、キャンディ、ポーチ。。。
前は選ばなかったピンク♪

年をとると派手になるとは
この事か・・・・

PHOTO40『月と・・・』

tuki

2012年3月26日
金星木星が縦に並ぶ珍しい天体ショーが見れた。

。。。ってこんなことが起こるなんて全然知らなくて
たまたま空を見上げて「あれ?の周りの星って、あんなんだっけ?」程度のものだったんだけど
一応、なんとなく・・・そう・・・なんとなく撮っておいた!

よかったぁ!珍しい天体ショーだったのねん。
カメラは持って歩くもんだな。
心残りは、レンズが対応してなくて切り取りの写真になってしまったこと(--;

PHOTO39『梅の花』

umenohana

池上に行ってきた。週末まで見ごろのピークだとHPに書いてあったので天気も良かったし、PENちゃん持ってワクワクしながら行ったのだけど、途中のでかなり散ってて
悲しい感じでした。。。
しかも、おじいちゃんおばぁちゃんがほとんどで、多分40歳代のあたしは
若い方・・・(^^;
うーーん微妙。。。
その域に入ってしまったのかぁ?

そのあと、池上本願寺で初詣

初詣って、年末に初めてお参り行ったら初詣
それとも、初詣の期日って決まってるのかしら・・・?
さて・・・今日のお参りはどうなんでしょう・・・

PHOTO38『たぶんCAFE・・・』

CAFE

たぶんCAFE。。。

北海道ドライブ中に、目に飛び込んできた塀のイラストがあまりにも可愛くて
車を停めて、撮影。
撮れたことが嬉しくて、そのまま帰ってきちゃって、何屋さんか確かめるのを忘れてしまった・・・(^^;
なので、イメージで勝手に『たぶんCAFE』・・・ってことで。。。

今度行ったらちゃんとおじゃまします♪

PHOTO37『春よ はよ来い!』

sun

春分の日を過ぎても寒い毎日。

でもが咲いてたり、天気予報のページのゲレンデ情報が、の開花予想に変わってたり
花粉症の人のくしゃみや、袴姿の女子大生、そういえば夕方暗くなるの遅くなったなぁとか
その辺に、春を感じる出来事はたくさんあるのだけど
でもやっぱりものすごーく寒い・・・
いっつもモコモコに着こんで丸々してるあたしに
20代の男の子が「これ、温まりますよ」ってホワイトデーにしょうが湯をくれた。
バレンタインあげてないから、それでもくれるって、ほんとは喜ぶところだけど
しょうが湯って・・・「おばぁちゃんかよ」
色気なくて、凹むわぁ・・・(泣)

『春よ、はよ来い!』

PHOTO36『初☆』

CAKE

今日、かねてからお会いしたかったゆるかわ写真」を撮る
きょん♪さんこと、川野恭子さんの講習会に行ってきた。
とてもやわらかな、ほんわか写真を撮る方で、ご本人は「私はプロではありません」とおっしゃるけれど
私からしたら、普通にプロです(^^)

で、10人ほどの中にミラーレスカメラを持って行ってたのは私ともうひとりだけで
他の人は本格的に一眼レフの集まりでした。正直ちょっと恥ずかしかった…
でも、あたしはPEN-E2ちゃんが大好き!負けないもん!ってことで実習で奮闘!

たかがスイーツ撮影会とあなどるなかれ!む、難しい・・・・
そして撮った日の丸構図
ど直球なのに難しい・・・

きょん♪さん、今日はお会いできて嬉しかったです。
写真も大好きですが、お人柄も大好きになりました。
また、お会いできる日を楽しみに、お勉強頑張ります!!
・・・・と心の中でごあいさつして終了・・・・

うるうる。。。。1枚もちゃんとした写真撮れなかったよぉ(TT)



PHOTO35『青い池』

aoiike

北海道美瑛町にある『青い池』。
本当に水が青いのではなく、太陽の光が水中のコロイド粒子とやらに衝突して、光の散乱を促し、
その波長のの短い青い光が、この池の水を青く見せてるらしい。

カプリ島の「青の洞窟」も、石灰質を多く含んだ洞窟内の水に太陽の光が反射して青く見えるもので、
この『青い池』と原理は似ている。

でも本当に水が青く見えるから不思議。

美瑛に行くと必ず行くスポットだけど、看板に[熊 注意]とか書いてあるし、
近くに射撃場があるらしく、銃声も響くこの場所は、あまりボケーっとはしづらい場所で
ちょっと残念な素敵な場所なのです・・・(^^;

PHOTO34『花硝子』

hana

今日、自由が丘の雑貨やさん一目ぼれ「ドキューン☆」
周りの鉄部分と硝子がしっかりしていて、オーナメントとしてはかなりズッシリ。
ひとまわり小さいのと迷って、最後の1つになってた大きいこの子をお持ち帰り♪
(とにかく、限定品、とか、最後の1コとかに弱い・・・)

キラキラとか、お花好きの私の心をワシ掴みされ、所持金少ないのに買っちゃいました。

やっぱり か~わ~い~い~♪♪
ダメだ・・・ 明日小さい方も買ってこよっと・・・(^^;

PHOTO33『ジオラマ』

jiorama

ここ1~2年、カメラのアートフィルタージオラマモードが当たりまえのように入ってるけど、確かに
流行るのも分かる。だって面白い。ただ目の錯覚を利用してるだけだということだけど、
実物の世界がおもちゃの世界に変わる。真ん中以外をぼかして、コントラストなどを強くすると
こんな風に見える。ふーん。。。だまし絵みたい。
大した景色じゃなくてもこんな風に撮れるなら、アートフィルターってほんと、便利。

ただ、旅行、とくにすぐに行けない場所で撮る写真
普通の写真も同時に撮っておかないと、後で後悔するかも。
旅の写真は、その場で加工するだけじゃなく、ありのままも撮ることを忘れないようにしよう。
加工は家でも出来るのだから・・・


PHOTO32『ステップ』

kaidan

♪大人の階段の~ぼる~ 君はまだ~シンデレラさっ♪
って懐メロが頭をぐーるぐる離れない・・・(^^;

会社の同期で、かなーり年下の男の子が、この3月で退社して新しい会社にいく。
引き抜いていかれるようだから、羨ましい話だ。

あたし、まだシンデレラにもなってないわ。
アラフォーでもシンデレラになりたいっ!!

PHOTO31『最後に出来る事』

tobira

『がんばれ東北』と描かれた

この1枚前の写真も実は同じ家だ。
自由が丘付近の家で、ある有名なタレントさんが住んでいた。
そこが震災直前から取り壊しが決まって、震災後、気づけばシャッターと
東北への応援メッセージが描かれていた。

ここの元住人が描いたのか、それとも取り壊しの業者さんなのか・・・
描いた人は分からないけど、
このお家が最後に刻んだ言葉は、言霊となって、きっと東北まで届いてると信じている・・・

PHOTO30『負けるな東北』

makeruna touhoku

・・・は 必ずきます・・・

PHOTO29『WELCOME』

WELCOM BORD

以前にも恥かしい日本人の話をしたけど、今日やっぱり恥ずかしい人を見た。
朝の通勤時間電車内、車いすの入る椅子のないスペースに、レジャーシートを敷いて2組の両親が座っている。
目の前の優先席には靴を履いたまま椅子の上で跳ねてる子供たち。
これからディズニーランドに行くのだろうか。浮かれて異常な状況に気付かない。
初めは日本人ではないと思ったが、話す声に耳を傾けると、確かに日本語を話している。
顔から火が出そうだった…
この家族に声をかける事も出来ず、他に注意する人さえいなかった。

もしかしたら、ホントに恥ずかしいのは自分たちかもしれない。。。

PHOTO28『灯』

tomosibi

今日、同僚とケンカした・・・というより、しゃべらなくなった。
どちらも悪くない。なのに険悪なムードに。。。
分かれた後、お互いメールで謝った。
でもスッキリしない・・・
明日、笑顔で会えるかな。。。

少し夜道泣いた・・・

PHOTO27『北海道の空』

sougen

青い空、緑の草原。
そう、北海道

あたしのブログには沢山北海道の文字が出てくる。
年に2回しか行ってないけど、その為に働いてると言っても過言ではない。
夏は富良野美瑛をドライブしながら、ただひたすら写真を撮る旅行。
冬はニセコルスツでひたすらスノーボード
よく飽きないねぇと言われるけど、I LOVE 北海道
ってことで、これからも北海道ネタにお付き合いくださいませ~m(_ _)m

PHOTO26『空港cafe』

cafe

去年、北海道スノボに行く予定の前日。
東京は大雪になった。
始発便の飛行機だったから、電車が心配で、バタバタ用意して前日から雪の中、空港へ…
23時頃到着したはいいけど
24時には閉鎖するので出て行ってと警備の人に追い払われ、
落ち着く間もなく、巡回バスに乗り、隣の国際線ロビーへ移動。

北海道スノボを何カ月も前から楽しみにしてて、その前日だというのに、
朝まで海外へ行き来する人たちを眺めてたら
今度は海外へ行こうと強く思ってしまった夜だった。。。

PHOTO25『NEX-5』

NEX-5

彼の愛機 NEX-5
もう古い型だけど、買った当初、液晶ファインダーの向きが変えられるとこが気にいって購入したようだ。
確かに、固定式だと、頭の上の位置から下に向けて撮影しようとするとファインダーが見えない。
逆に、たとえば地面の花をナメながら空を撮影しようとしても、これまた見えない。
ファインダーが可動式なのがどれほど魅力かよくわかる。

でも、あたしは見た目でPEN E-P2を買った。
とりあえず、入りは見た目よ!

PHOTO24『自由が丘』

jiyugaoka

自由が丘ガード下の壁画
さすが、自由が丘

おしゃれなイメージだけど、実は昔ながらの古いおうちや路地も多くて
そのギャップに驚かされる。

渋谷から一本で来れるのに
こわーい人とかもいなくて、住みやすいと思う。

そんなんで、私もこの近辺に暮らし始めてもう10年は経っちゃった。
変わり続ける。でも変わらない

PHOTO23『和・雅』

miyabi

 ”って素敵な響きですよね。
ビューティフルでもワンダフルでもない。
特有の言い方。

日本人として誇らしい事もあるけど、時には日本人として恥ずかしい事もある。
恥ずかしいと思う時、外国の人が近くにいないとホッとする。

日本人!頑張って世界に羽ばたこう!
まずは英語。 I want to be an English speaker someday!

PHOTO22『パラレルワールド』

otaru unga

小樽運河に映った街燈
この空間に足を踏み入れたら、ま逆の世界に迷い込みそう…
パラレルワールドって本当にあるんだろうか。
そこには私はいる?同じ顔?同じ職業?
それとも別の生き方をしてる?
もうひとつの地球がある可能性って、考えるとワクワクする♪

PHOTO21『看板猫』

kanban neko

新木場駅のガード下、居酒屋さんの看板猫ちゃん
天気のいい日は駅前ロータリーの一本の木の下で、よくくつろいでいらっしゃいます。
この木は待ち合わせ場所にする人が多いので
いつも人の真ん中にいる猫ちゃん。
触ろうとすると向こうから近づいてきて、『なでてなでて~』と言ってるように
人なつっこい♪
朝の出勤時にいたり、帰りに会えると、なんか一日がまぁるくおさまる気がするわぁ。

« »

03 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

amirimiyu

Author:amirimiyu
amirimiyuのブログへようこそ!
『写真家』になりたいテレビカメラマンです。
だいたい1日1枚づつ写真をアップしながら、
日々の疑問や思う事をつづっています。
写真に関係ない事を書いてる事もありますが(^^;
カメラは3つ。
E-P2・coolPIXS60・NEX-5で撮ったものを
載せています。
誰かの心に残る写真があれば嬉しいです。

蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)
東京スカパラダイスオーケストラ
YUKI
女性専用英会話
イングリッシュタウン
楽天ブックス
ペットを見守る
副業
らでぃっしゅぼーや
脱毛器
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。